WPMSの概要

トップ > WPMSの概要
WPMS(WebPage Manegemant System)は、HTMLパーツや各種条件から、リクエスト毎にダイナミックにページを生成するシステムです。リクエストされた状態に合わせ、動的にページを生成することが可能です。

  • シンプルで簡単 (柔軟性は高いですが、理解し易いシンプルな構成です)
  • スタティックHTMLからの移行が容易 (スタティックページを丸ごと登録して運用することも可能です)
  • 高速なページ生成 (構成にもよりますが、スタティックページと切り替えても支障ない速度です)
  • コンテンツ管理が楽 (ブラウザベースのクライアントで管理します。※画像はftpアップロードが必要です)
  • 動的生成を生かした管理が可能 (決まった日に自動でページ差し替えや、一斉のデザイン変更、サイト切り替えなど)
  • 部品化と専用タグの活用でHTML管理を楽に (重複したHTMLコードの排除や、コンテンツとの分離管理も容易です)
  • その他、柔軟性の高い機能を多数搭載 (追加拡張も行います)


リクエスト対象のWebPageです。
既存のスタティックページ(HTML)を丸ごと登録することも可能です。通常はTEMPLATEを指定し、ページ毎に異なるコンテンツ部分として構成します。


PAGEから使用するテンプレートです。
コンテンツ指定部分がPAGEの内容に置き換わり、全体のHTMLとなります。PARTSやPROPERTYを配置することが可能です。


TEMPLATE、PAGEで使用するパーツです。
PARTSの中に別の複数のパーツを使って多段の構成にすることも可能です。STRを必要とする大きな規模のHTMLパーツとして使用します。
※小規模なHTMLパーツや、全のページで共通に使われるパーツはPROPERTYを使います(高速です)。

TEMPLATE、PAGE、PARTSで使用するプロパティです。
共通で使う文字列やHTMLを登録して使用します(多段構成も可能)。PARTSより処理が高速です。紐づくSTRを必要としないHTML部品はPROPERTYを使います。


STRは、個別のPAGE、TEMPLATE、PARTSに紐づく文字部品(HTML指定可)です。
PAGEのSTRは、全体ページを構成するTEMPLATE、PARTS、PROPERTY内でも使用できます。
※同一名称のSTRがTEMPLATEやPARTSに存在する場合は、それらを優先的に使用します。
※PROPERTY内では、そのPROPERTYが配置されているTEMPLATEやPARTSのSTRが優先的に使用されます。

WPMS Ver.1.006 2010-11-25 10:50 COPYRIGHT 2009-2017 ASTONISH CREATE
Powered by WPMS