for

トップ > WPMS TAG List > for
書式 <!--wpms for Start End{ Batch}-->
説明 StartからEndまでの回数、タグで囲まれた内容を繰り返します。Batch指定によりページ制御可能です。
書式
解説
Start繰り返しの開始値
End繰り返しの終了値
Batchページ制御する数(Start〜Endの数がBatchより大きい場合にページ制御されます)
専用
置換
文字
$cnt{:Digit}$現在の繰り返し位置の数値に置き換えます。Digit指定で桁揃え可能です。
$cnt:演算子:数値{:Digit}$繰り返し位置の数値に、演算子と数値で演算した結果と置き換えます。
$navi$デフォルトのページナビゲーションと置換えます。※loopタグ外のみ記述可
$navi:pmax$最大ページ数と置き換えます。※loopタグ外のみ記述可
$navi:pcnt$現在表示中のページ数と置き換えます。※loopタグ外のみ記述可
専用
タグ
<!--loop-->…<!--/loop-->繰り返し処理の対象(省略時はforタグで囲まれた範囲全てが繰り返し対象)
<!--navi-->…<!--/navi-->ページ制御が必要な時のみ有効になる範囲を指定 ※loopタグ外のみ記述可
<!--top-->…<!--/top-->先頭ページへのリンクを生成(先頭ページはリンク生成しない)※loopタグ外のみ記述可
<!--prev-->…<!--/prev-->前ページへのリンクを生成(先頭ページはリンク生成しない)※loopタグ外のみ記述可
<!--next-->…<!--/next-->次ページへのリンクを生成(最終ページはリンク生成しない)※loopタグ外のみ記述可
<!--end-->…<!--/end-->最終ページへのリンクを生成(最終ページはリンク生成しない)※loopタグ外のみ記述可
<!--odd-->…<!--/odd-->$cnt$の値が奇数の時に囲まれる部分を有効にする ※loop内のみ記述可
<!--even-->…<!--/even-->$cnt$の値が偶数の時に囲まれる部分を有効にする ※loop内のみ記述可
<!--wpms for 1 20-->処理対象<!--/wpms-->
<!--wpms for 20 10-->処理対象<!--/wpms-->
<!--wpms for pro:val1 pro:val2-->処理対象<!--/wpms-->
<!--wpms for 10 1000 15-->処理対象<!--/wpms-->
詳細
解説
Startで指定される数〜Endで指定される数まで、タグで囲まれた内容を繰り返します。
Endの方がStartより小さい場合は、減算しながら繰り返します。
Batch数が指定されている場合、1ページの最大値をBatchとしてページ制御を行います。

処理対象内に、さらにfor,forenタグを記述する場合、そのfor,forenの処理対象内には置換え文字や専用タグは記述できません(誤動作します)
使用できる演算子
演算子 動作
+ 足し算
- 引き算
* かけ算
/ 割り算
% 割った余り

サンプルコード 変換後の結果
<!--wpms for 1 3-->
$cnt$回目<br>
<!--/wpms-->

1回目
2回目
3回目
■演算のサンプル<br><br>

<!--wpms for 2 0-->
$cnt:5$ $cnt:+:1$ $cnt:-:1$ $cnt:*:10$ $cnt:/:2$ $cnt:%:2$<br>
<!--/wpms-->

■演算のサンプル

00002 3 1 20 1 0
00001 2 0 10 0 1
00000 1 -1 0 0 0
■PROPERTYから文字を取り出すサンプル<br><br>

<!--wpms pro TestData--><br>
<br>
<!--wpms for 1 4-->
●<!--wpms proi TestData $cnt$ SPC--><br>
<!--/wpms-->

■PROPERTYから文字を取り出すサンプル

ABCD TestValue スペース区切りの3番目 TestValueHtml
B0001 2番目 3番目 4番目

●ABCD
●TestValue
●スペース区切りの3番目
●TestValueHtml
B0001
■Batch指定サンプル(自動ナビ)<br><br>

<!--wpms for 1 10 3-->
$cnt$、
<!--/wpms-->

■Batch指定サンプル(自動ナビ)

前へ ( 2 / 4 ) 次へ
4、 5、 6、
■loopタグを使ったサンプル<br>

<table border=1>

<!--wpms for 20 1 5-->
<tr>
<td>
ここはヘッダエリア<br>$navi$<br>※自由にHTMLを書けます
</td>
</tr>

<!--loop-->
<tr><td>$cnt$の内容</td></tr>
<!--/loop-->

<tr>
<td>
ここはフッタエリア<br>$navi$<br><font size=2>※自由にHTMLを書けます</font>
</td>
</tr>
<!--/wpms-->

</table>

■loopタグを使ったサンプル
ここはヘッダエリア
前へ ( 2 / 4 ) 次へ
※自由にHTMLを書けます
15の内容
14の内容
13の内容
12の内容
11の内容
ここはフッタエリア
前へ ( 2 / 4 ) 次へ
※自由にHTMLを書けます
■naviタグを使ったサンプル<br>

<table border=1>

<!--wpms for 1 5 10-->
<tr>
<td>
ここはヘッダエリア<br>

<!--navi-->
ナビブロックを指定しておくことで、ページ制御が無い場合に、この範囲のみ無効にできます。
$navi$<br>
<!--/navi-->

※自由にHTMLを書けます
</td>
</tr>

<!--loop-->
<tr><td>$cnt$の内容</td></tr>
<!--/loop-->

<tr>
</tr>
<!--/wpms-->

</table>

■naviタグを使ったサンプル
ここはヘッダエリア
※自由にHTMLを書けます
1の内容
2の内容
3の内容
4の内容
5の内容
■詳細なナビリンクを使う場合のサンプル<br>

<table border=1>

<!--wpms for 1 12 5-->
<tr>
<td>
【$navi:pmax$ページ中の$navi:pcnt$ページ目】<br>
【<!--top-->先頭<!--/top-->】【<!--prev-->前へ<!--/prev-->】:
【<!--next-->次へ<!--/next-->】【<!--end-->最終<!--/end-->】
</td>
</tr>

<!--loop-->
<tr><td>5桁指定:$cnt:5$</td></tr>
<!--/loop-->

<tr>
<td>
※フッタエリア<br>
$navi$
</td>
</tr>
<!--/wpms-->

</table>
■詳細なナビリンクを使う場合のサンプル
【3ページ中の2ページ目】
先頭】【前へ】: 【次へ】【最終
5桁指定:00006
5桁指定:00007
5桁指定:00008
5桁指定:00009
5桁指定:00010
※フッタエリア
前へ ( 2 / 3 ) 次へ

WPMS Ver.1.006 2010-11-25 10:50 COPYRIGHT 2009-2017 ASTONISH CREATE
Powered by WPMS