if

トップ > WPMS TAG List > if
書式 <!--wpms if Value1 比較演算子 Value2-->
説明 条件に一致する場合、タグで囲まれたHTMLを有効にします。
書式
解説
Value1比較する値を記述します(stri:、proi:の間接指定も可能)。
比較演算子左右の値を比較する演算子。
Value2比較する値を記述します(stri:、proi:の間接指定も可能)。
専用
置換
文字
置換文字なし
専用
タグ
<!--else-->条件に一致する場合は、このタグより前、不一致の場合はこのタグより後ろのHTMLが有効になります(入れ子では使用不可)。
<!--wpms if pro:DataMax == 10--> ... <!--/wpms-->
<!--wpms if str:CLIENT_BROWSER eq MobileSafari--> ... <!--/wpms-->
詳細
解説
条件に一致してる場合に、開始タグ〜終了タグまでの内容を有効にします。
数値比較時に、左右の値が数値に変換できない場合(数字でない)は、条件不一致として処理されます。

システムが持つ値との比較は、str:SysName指定することで可能です(システム予約Nameは『str』を参照)。

空文字は『BLANK』で判定できます。
※Valueの部分に何も記述しなければ空文字との比較になりますが、記述上分かりにくいのでBLANKを使います。
※BLANKの文字を判定することはできません。

※elseタグは一番外側になるwpmsタグのみ使用できます。入れ子になるwpmsタグ内でelseタグを記述すると誤動作します。 

使用できる比較演算子
比較演算子 動作
eq 等しい(文字列として判定)
ne 等しくない(文字列として判定)
in 左の文字列に、右の文字列が含まれる(文字列として判定)
in_h 左の文字列に、右の文字列が前方一致する(文字列として判定)
in_t 左の文字列に、右の文字列が後方一致する(文字列として判定)
== 等しい(数値に変換して比較)
!= 等しくない(数値に変換して比較)
< 左が右より小さい(数値に変換して比較)
<= 左が右以下(数値に変換して比較)
> 左が右より大きい(数値に変換して比較)
>= 左が右以上(数値に変換して比較)

サンプルコード 変換後の結果
<!--wpms if 10 < 15-->
そりゃ10の方が小さい
<!--else-->
そんなはずは...
<!--/wpms-->

そりゃ10の方が小さい
<!--wpms if str:CLIENT_BROWSER eq Safari-->
Safariです
<!--/wpms-->
<!--wpms if str:CLIENT_BROWSER eq MSIE-->
Microsoftですか...
<!--/wpms-->

<!--wpms if str:AAAA eq BLANK-->
そんなstrは登録されてません。
<!--/wpms-->

そんなstrは登録されてません。
<!--wpms for 1 20-->

<!--wpms if $cnt:%:5$ == 0-->
<font color="red"><b>$cnt:2$</b></font>
<!--else-->
<font color="black">$cnt:2$</font>
<!--/wpms--> 

<!--wpms if $cnt:%:5$ == 0-->
<br>
<!--/wpms-->

<!--/wpms-->
01   02   03   04   05  
06   07   08   09   10  
11   12   13   14   15  
16   17   18   19   20  

WPMS Ver.1.006 2010-11-25 10:50 COPYRIGHT 2009-2017 ASTONISH CREATE
Powered by WPMS